包茎には2種類あり、自分でむくことのできる仮性包茎、

何をしてもむくことのできない真性包茎があります。

 

カントン包茎とは、いずれの場合であっても起こりうる状態であり、

なんとかしてむこうとした結果、包皮が生殖器を締め付けてしまうことを

指します。

 

仮性包茎にも段階があり、簡単にむける人、力を入れないとむけない

人などがいます。

 

特に、力を入れないとむけない人がカントン包茎になりやすく、

取り返しのつかないことになる場合もあります。

 

真性包茎の人にも、なんとか直したい、この状況を改善したいと考え、

自分で直そうという努力をした結果、こうしたことになることもあります。

 

カントン包茎は締め付けられた結果、血流障害が発生するばかりか、

生殖器の周辺がむくんでしまい、最悪の場合は壊死することも

指摘されています。

 

カントン包茎の状態に万が一なってしまった場合には急いで泌尿器科を訪れ、

治療が必要です。

 

むくんでしまうと自力で戻すことはかなり困難です。

 

そのため、泌尿器科では包皮のむくみを取って元に戻すことをしていきます。

 

これができないほどになっている場合には急いで手術が行われ、

包皮を切除することが行われます。

 

カントン包茎は保険が適用される可能性が高く、安価に手術を

行うことができます。

 

また、重い仮性包茎だと思っていた人が実はカントン包茎だったということもあるため、

実際に診察してもらうことが大切です。

 

カントン包茎になってしまうと、私生活で支障が出てくるばかりか、

無理にむこうとして大変なことになることも十分にあります。

 

そうなる前に手を打っておき、カントン包茎の状態を解消し、

その部分にストレスを感じないようにしていくことが大切です。