カントン包茎は保険が使えると思いますか?

 

包茎手術は、日常を過ごす上で支障をきたす恐れのある場合にのみ

保険適用が認められています。

 

その手術をしなくても支障がない場合には保険適用はありません。

 

この場合、対象となるのは真性包茎とカントン包茎のみです。

 

真性包茎の場合には、包皮の内側の衛生的なケアということができません。

 

すると、衛生面での問題が多いため、問題が多数出てくることから保険適用で

手術ということになります。

 

カントン包茎も同様で、衛生的なケアの問題もあります。

 

もう1つ、無理やり包皮をむいて、結果として戻らず、生殖器にかなりのダメージが

かかるという問題があります。

 

こうした状態は日常生活に支障をきたしてしまうため、

保険適用という形となります。

 

保険適用となる手術法は決まっており、環状切除術と呼ばれる、

旧来の包茎手術では当たり前となっているやり方です。

 

裏筋まで簡単に落としてしまうため、感度が落ちる場合、色がわかりやすく、

手術をしたことがバレバレになってしまうことも言われています。

 

保険が使われる場合、手術方法の指定まで当然ながらできません。

 

金額は数万円に収まるため、この状態をすぐさま改善したいという場合には

いいものの、仕上がりを気にする場合にはできれば避けることが求められます。

 

また、こうした手術は医師の力量がかなり問われます。

 

包茎手術を専門に行っているところではたくさん経験があるため、

そこまで気にする必要はありません。

 

しかし、泌尿器科などで行う場合には、それを専門にしているわけではないため、

場合によって出来の悪い医師にあたってしまうこともあります。

 

通常であれば、かなりの金額がかかることになりますが、

それが数万円で収まります。

 

値段をとるか、仕上がりをとるかで選択肢はかなり変わっていきます。