カントン包茎を治すための治療費はどれくらいか

ご存知ですか?

 

カントン包茎は、包皮論が狭い状態になってしまっています。

 
そのため、亀頭を露出しようとすると亀頭の下に締め付けが

見られる場合があります。

 

また、勃起時に締め付けられてしまうことから、亀頭を

すべて露出できないなどの症状に悩まされてしまうこともあるでしょう。

 
このような辛い症状に見舞われてしまうカントン包茎は、

専門のクリニックで治療を行うことが欠かせません。

 

形成外科や泌尿器科などのクリニックで、正しい治療を行いましょう。

 

カントン包茎を何の治療も行わずに放置してしまうとカスが

溜まりやすくなってしまい悪臭の原因になってしまうこともあります。

 

また、無理に剥くことで痛みが伴ったり早漏の原因に

なってしまうこともあるでしょう。

 

さらに不衛生になりやすいので性病にも気をつけなければいけません。

 

何よりも女性に性行為中に有効な刺激を与えられず、大きな悩みに

なってしまうなどデメリットが多くあります。

 

そんなカントン包茎は、手術で改善することが可能です。

 

包皮論が狭いために亀頭が露出しにくくなってしまっているため、

手術を行い包皮論を完全に取り除くことが大切です。

 

カントン包茎手術を行った場合、健康保険が適用されれば治療費は

1万円から3万円ほどのリーズナブルな治療費で手術を行うことが可能です。

 

健康保険を利用して手術を行いたい場合は、泌尿器科を利用することを

おすすめします。

 

泌尿器科の場合、病気として手術を行ってもらえるため、健康保険を

利用してリーズナブルな費用で手術が行えます。

 

しかし、注意しなければいけないのは、術後などの仕上がりに期待できない点です。

 

病気として手術を行うため、傷跡が目立ってしまうこともあります。

 

仕上がりを期待するなら美容クリニックがおすすめです。