どうして自分は仮性包茎なんだろう・・・と疑問を

感じたことはありませんか?

278eab8b9e5c2e2a156cd9d891f84289_s

 

日本人の多くは仮性包茎であることが言われています。

 

本来、動物の生殖器は包皮に覆われており、性行為を行う際に

露出するというのが当たり前になっていますが、日本人が特にこうした

仮性包茎の割合が多いことが指摘されています。

 

可能性として考えられるのは包皮が長いという問題です。

 

性行為の際に露出するようになるには、生殖器が大きくなる必要があり、

その過程で自然とむけるようになります。

 

しかし、生殖器の大きさが小さかったり、包皮が伸びるような行為をしていると

自然とむけなくなります。

 

これが仮性包茎の原因です。

 

仮性包茎にもレベルがあり、簡単に露出ができるもの、多少の力を加えないと

露出することができないものなどがあります。

 

多少の力を加えないと露出できないもので、これが進行してしまうと

カントン包茎と呼ばれるものになります。

 

包皮を戻すことができず、生殖器を締め付ける格好となり、生殖器に血液が回らず、

最悪の場合は壊死してしまいます。

 

どうにかすればむくことができるから、自分は仮性包茎であると言う人の中には、

なかなか包皮が戻らず、焦った経験のある人がかなりいます。

 

この場合、カントン包茎である可能性が高く、注意が必要です。

 

欧米人と違い、最初からむけている人は日本では少数派であり、

お風呂場などでむけている人も実際は仮性包茎であり、

見栄のためにむいている人も多くいます。

 

ただ、常日頃からむいておくという習慣をつけておくことで、

露出に慣れておくことができるようになり、仮性包茎の脱却も

十分可能です。

 

そして、若いうちから習慣づけておくことで生殖器のサイズなどにも

影響が出てくることが言われており、プライベートな空間からこうしたことを

始めていくことが大切です。