「包茎」は人によっては非常に重大な問題になり得ます。

 

場合によっては生死を脅かす事態を招く原因になる可能性もあるので、

甘く見てはいけません。

 

と言っても、実際に生死に関する事態になる可能性があるのは

「カントン包茎」と言う状態くらいで、その他の真性・仮性包茎に関しては

健康に対する直接的な影響はないと言っても良いでしょう。

 

一応、真性・仮性包茎であっても「衛生状態が悪くなりやすい」という影響があり、

その結果として性病などに掛かりやすくなってしまう可能性があると言う意味では

影響がゼロでは無いかもしれません。

 

しかし、現実的に言ってその影響は微々たるものであると判断されているのが

実情で、実際に手術治療をする場合には「保険適用となるものも・ならないものがある」ので

注意しましょう。

 

すでにお分かりの人も多いでしょうが、保険が適用される手術は「カントン包茎」に

限られます。

 

その他の状態は直接的な影響があまり見られず、「見た目にコンプレックスを

持ってしまいやすい」と言ったメンタル的な影響が若干気になる程度なので、

保険を適用して治療を受けることは出来ません。

 

真性・仮性包茎であっても日常生活を送る上で問題は何も無く、

性交渉時にも直接的な問題はありません。

 

「人に見られた時に恥ずかしい(見せたくない)」と言った精神的な

影響こそありますが、言ってしまえば「それだけ」です。

 

なので、わざわざ治療をする必要性は無く、どうしても気になってしまう人が

自由診療で状態を改善すれば良いという解釈になっています。

 

自由診療なので当然ながら金額は高くなります。

 

各クリニックごとに料金は異なりますが、「極端に安いところ」は

失敗のリスクが高まるので避けておいた方が賢明です。