包皮炎になるとペニスが痛がゆくなってしまい、

仕事中に掻きむしりたくなるほどです。

 

下着との摩擦、SEXによる感染、慢性疲労なども原因とされますが、

一番の原因は何といっても包茎なのです。

 

恥垢には大量の最近が住み着いているため、恥垢が溜まってしまうと

包皮炎が発症しやすくなります。

 

仮性包茎の場合は毎日むいて洗浄すれば問題ありませんが、

むくことが難しいレベルの包茎の方は注意が必要でしょう。

 

真性包茎、重度のカントン包茎・仮性包茎などは、むくことが

難しいので恥垢が溜まったままになります。

 

ただでさえ蒸れやすい部位ですから、大量の細菌により

包皮炎のリスクを高めるのは間違いありません。

 

包茎による包皮炎を解消するためには、亀頭を楽に洗える状態に

改善するしかないのです。

 

包茎の矯正グッズを使用する方法もありますが、成功率が

低くて不確実な方法だと言えます。

 

確実に治療をするためには、包茎手術を得意とするクリニックで

手術を受けるべきです。

 

余分な包皮を除去してしまえば、亀頭が露出するので

蒸れにくくなります。

 

さらに簡単に包皮をむくことができるので、毎日の入浴で恥垢を

落とすことができるのです。

 

包皮炎の原因となる恥垢を落としておけば、炎症が起こるリスクは

グンと下がります。

 

また定期的に感じていた慢性的なかゆみも解消し、非常に快適に

過ごせるようになります。

 

亀頭がむずがゆいと感じるときは、恥垢が溜まっていることが

多いのです。

 

特に汗をかく夏場はかゆくなりやすいので、毎日入浴してシャワーで

恥垢を落とす必要があります。

 

包皮をむくことが可能でも、かなりの痛みを伴う状態ならやはり手術が

必要でしょう。

 

無理にむいていると筋が切れてしまい、大変痛い思いをすることになるからです。