輪ゴムを使ってできる包茎の直し方をご存知ですか?

35c009f830d5e6c294fff1430f1057a9_s

「ただ、超危険です。」

 

 

包茎を直すために色々な方法がネットや本、友人などから情報を収取する事ができます。

 

 

ただ、どの方法も納得のゆく結果が出ないのが現実です。

 

 

「正直どの情報も怪しいと思います。」

 

 

包茎は衛生的にも女性のためにも1日も早く直したいものです…(;^_^A

 

 

包茎クリニックに行って切除してもらうのが一番手っ取り早いと思っているかもしれませんが、できればクリニックには通いたくありませんよね。

 

 

「包茎クリニックは、他人に見られるのは恥ずかしいし、なんだか痛そう・・・です。」

 

 

正直、高額な費用がかかってしまうし何より他人におちんちんを見せるなんて考えただけでも恥ずかしくなってしまいます。

 

 

そこで、包茎を治してくれると噂に聞く『輪ゴム』の登場です!

 

 

そう、あの輪ゴムがあなたの包茎を直してくれるかもしれないのです。

 

輪ゴムで包茎を直せるのなら手間も費用もかからないので本当にうれしい限りです!

 

『輪ゴムをリスペクトしちゃいそう♪』

 

 

ただ、後で後悔しても知りません・・・。

 

 

輪ゴムで包茎を直す事ができる!?

輪ゴムを使って包茎を直す方法は至ってカンタンです。

 

 

皮を剥いてカリ部分にかけた部分を輪ゴムで止めるのです。

 

 

この方法がどういった効果をもたらすのかというと、余った皮を輪ゴムで固定する事で、亀頭全体が顔を出します。

 

 

皮を剥いて亀頭全体を出す事で、パンツに擦れたりする事で刺激に強くなったり、亀頭の皮が厚く固くなります。

 

 

その結果、固くなった亀頭やカリ部分が皮の戻りを抑えて普段から剥けた状態にしてくれるのです!

 

 

しかも、亀頭が刺激に強くなるという事は早漏対策にも効果があるかもしれません^^

 

 

まさに一石二鳥ですね!と言いたいところですが…(;^_^A

 

 

実は、あなたの大事な部分が大変な事になります!

 

 

輪ゴムをおちんちんに巻き付ける行為は、冷静に考えなくても危険だと思いませんか?

 

 

なぜなら、輪ゴムを装着している最中におちんちんが立ってしまったら・・・汗

 

 

うっ血してしまう可能性が高いです!

 

 

ドンドン見た事ないくらいパンパンに腫れあがるかもしれません。

 

 

やっぱり輪ゴムでは包茎を直す事ができない!?

輪ゴムをおちんちんに巻いた状態で、勃起してしまったらどうなるでしょうか?

 

 

おちんちんに集まった血液が逃げ場を失い、パンパンに腫れ上がってしまうのは間違いありません…。

 

 

しかも、膨れ上がったおちんちんから輪ゴムを取るのも難しくなってしまうのです(;^_^A

 

 

「想像しただけでも背筋が凍ります(;^_^A」

 

 

昔こんな話を聞いた事があります。子供たちが悪戯でお父さんが寝ている間に、ちんちんに輪ゴムを付けたそうです。

 

 

すると、ちんちんの先の方は血がドンドン溜まってしまいパンパンに腫れあがったのです。しかも、輪ゴムは腫れあがったちんちんに食い込んでしまっているため、どうやっても取れなかったのです。

 

 

最終的に病院に行き、お医者さんに輪ゴムを特別なハサミで切って貰ったのです。これで一件落着♪♪

 

 

ではないですよね(-_-;)

 

 

こんな恐ろしい体験をしたいのですか?

 

 

仮に、輪ゴムで包茎を直した人がいたとしても絶対に他人にはオススメできない方法と言えるでしょう。

 

 

わたしも、輪ゴムを用意して装着しようと思いましたが危険を感じやめました。

 

 

この判断は、きっと間違いではありません…。

 

 

あなたも輪ゴムで出来る包茎の直し方を知ったかもしれませんが、なるべく実践しないようにしてくださいね。

 

 

後々、恐ろしい事になりそうですから。

 

 

それよりも、誰にも気づかれずに安全に包茎を治す方法を紹介していますので、良かったら包茎を自宅で簡単にコッソリできる治し方!をご覧ください。

 

 

>>(医師監修)包茎を自宅で治す方法