包茎には仮性、真性、カントンの3種類があります。

 

仮性の場合は包皮口が開いており亀頭を露出する事が出来る為に

衛生的に保つこともでき、特別な治療を必要とする訳ではありません。

 

しかし真性・カントンの場合は包皮口が狭くて亀頭を露出出来なかったり、

露出出来たとしても今度は亀頭を元の状態に戻す事が出来ずに

うっ血して壊死してしまう可能性もある為、治療を必要とします。

 

治療法の一つは自分で包皮を伸ばして亀頭を露出する癖を

つけるという事です。

 

専用の運動や器具を使う事で包皮口を広げる事を期待する方法です。

 

この場合はその人の包茎の状態によっては全く効果が出ない場合もあります。

 

確実に包茎を良くしたいと思った場合は、病院に行って外科的な手術を

受けます。

 

真性・カントンの場合は包皮口が狭い事が原因となっているため、

泌尿器科の場合は包皮口を広げる手術が行われます。

 

これによって仮性包茎の状態にする事が出来るので、

恥垢も溜まらずにうっ血する事も無く衛生的に管理する事が出来ます。

 

またこれらの包茎は治療を必要とする状態の為、泌尿器科であれば

健康保険が適用されるのです。

 

また仮性包茎は亀頭を露出する事は出来ますが、見た目に対して

気にする男性もいます。

 

その場合は美容外科などで外科的な手術を受ける事になります。

 

仮性包茎は包皮が余っている事が原因となっているので、

余分な包皮を除去する手術法が取られますが、審美面を重視した治療なので

健康保険が適用される事はありません。

 

もちろん真性・カントンの人も美容外科等に行って手術を受ける事は

可能です。

 

この場合も機能面・衛生面だけを重視したわけではなく審美面を

重視した手術と言う事になるので健康保険は適用されませんが、

手術をする事によって完全に包茎ではない状態にする事ができます。