包茎には種類があり、中でも多くの日本人男性に関連しているのが

仮性包茎です。

 

仮性包茎とは比較的軽度の症状であり、その他のタイプの包茎ですと

包皮が剥けないところ、仮性包茎の場合は平常時も勃起時も

スムーズに剥くことができます。

 

性行為に関しても問題なく行えることが多い為に特に不便を感じない

場合もあるものの、ただ包皮によって包まれていることが多いゆえに

汚れが溜まって病気に掛かり易くなったり、刺激に敏感な為に早漏に

なってしまうこともあるのです。

 

仮性包茎を治す方法もありますが、自力での治し方に皮が戻らないように

癖を付けるやり方があります。

 

包皮に包まれてしまうのは自然に戻ってしまう癖が付いているからの

場合がありますので、例えば剥いた状態でテープなどで留めておくことによって

戻り難くなることがあるのです。

 

ペニスを大きくして包皮に包まれないようにするという方法もあります。

 

ペニスのサイズ自体が小さいようですと余分な皮によって包まれ易くなりますので、

ペニスの成長を促す栄養を補給するなどして包まれ難くすることで

改善できる場合もあります。

 

このような方法でも治るケースもありますが、しかしながら程度は

人それぞれですから思うように改善ができないかもしれません。

 

そういった時は手術で対策をするのが良いと言えるでしょう。

 

手術の方法としてはまず余分な皮を切り取る手法があります。

 

以前はメスで切り取る方法が主流でしたが、現在ではレーザーによって

切り取る方法が主流であり、患者への負担も小さく行うことが可能です。

 

専用の接着剤で固定するという方法もあります。

 

いずれは取れてしまいますが、定期的に治療をすることによって

癖がついて戻らないようにできるのです。