人間悩みを抱えていない人はほとんどいませんが、

それが人に相談しにくい悩みだとすると、深刻なものに

なってしまいがちです。

 

誰かに相談して悩みを解消したりすることができず、

一人で思い悩みがちになってしまうからです。

 

体のデリケートな部分の悩みもそのうちの一つです。

 

男性であれば、陰部に関する悩みは深刻なものです。

 

例えば、カントン包茎があります。

 

包茎にはいくつかの種類があります。

 

仮性包茎や真性包茎、そしてカントン包茎です。

 

カントン包茎は、亀頭が露出せず、皮に覆われた状態となっていますが、

これは無理に剥いてはいけません。

 

無理に剥いてしまうと、剥けたきりになり、戻らなくなってしまうからです。

 

カントン包茎は、仮性包茎に比べ、深刻なものとなっています。

 

様々なデメリットがあるからです。

 

無理に剥くと痛みが出ますし、腫れてしまうこともあります。

 

また、皮が剥けないので、不衛生になりがちで、かゆみなどを

よく起こしてしまいます。

 

また、見た目も良くありませんし、自信を持てない

原因になってしまったりします。

 

これが原因で勃起不全になってしまうこともあります。

 

カントン包茎は、病院で診療を受けて手術を受けることが

おすすめです。

 

自力で治す方法としては、皮が柔らかくなった時に、少しずつ皮を

広げていく方法くらいしかありませんが、これはおすすめできません。

 

無理に剥くと裂傷ができてしまうことや炎症が発生する可能性がありますし、

こうなるといずれにしても病院で診てもらうことになります。

 

このため、カントン包茎で悩んでいる人は、一度、病院で診てもらい、

手術などの相談をしてみることをおすすめします。

 

男性にとって大切な部分ですので、慎重に扱うようにしましょう。