包茎だから温泉や銭湯に行くのが恥ずかしいと思っていませんか?

温泉

温泉や銭湯では、裸で歩いたりお風呂に入るのが

当たり前です。

 

中にはタオルでおちんちんを隠しながら移動する人が

いますが、何も覆わずに歩いてる自信家さんもいます(;^_^A

 

そんな人を見ると、包茎の自分が情けなくなってくる半面、

羨ましいな…と感じる場合もあるんですよね。

 

温泉や銭湯に行くと必ずやる事とは!?

注意深く、他人の股間を凝視するワケにはいきませんが、

チラリと見た時に剥けているかどうかわかる時が

あるんですよね…(;^_^A

 

しかも、そんな時は決まって『ズル剥け状態!』なんです。

 

同じ男性でもここまで被り具合が違うのかと、ショックを

受けてしまいます。

 

思わずタオルで自分の股間を隠すんですけどね・・・。

 

だから、私は温泉や銭湯に行ったときは必ず『見栄むき』を

するようにしています。

 

え!?見栄むきって何?と思った方もいるかもしれません。

 

この見栄むきというのは、自分で皮を剥いてカリ部分に

引っ掛けて、包茎ではない事をアピールする方法なんです((´∀`*))

 

ペニスの元気具合にもよりますが、自分で皮を剥いても

数分はカリに引っかかった状態になっています。

 

つまり、見栄むきをする事で包茎ではない自分を

簡単に体験する事ができるのです!

 

ただ、そんな見栄むきにも弱点はあります…( ;∀;)

 

ある程度、亀頭に血液が溜まっていないと皮を剥いても

カリに引っかからないのです。

 

だから、見栄むきをする前に亀頭を刺激して

半勃起状態にする必要もあります。

 

でも、亀頭を刺激しすぎは絶対にいけませんよ(;^_^A

 

なぜなら、半勃起を通り越してフル勃起してしまう

可能性があるからです。

 

という事なので、男として恥ずかしいですが

タオルで股間を隠しながら移動した方が良いかも

しれませんね^^