最初から真性包茎ではない男性は存在せず、子供の時はほとんどの人が

包茎であり、包皮がくっついている状態となっており、逆に無理やり剥がそうとすると、

血が出てしまい、治療が必要になります。

 

真性包茎にならないようにするためには無理に剥がそうとする行為ではなく、

生殖器自体の成長が必要となります。

 

体の成長などで生殖器も段々と大きくなり、包皮口もその分大きくなります。

 

この過程において、半分程度の人が完全にむける状態となり、もう半分が

仮性包茎となり、わずかの人が真性包茎になってしまいます。

 

その原因となるのが包皮です。

 

包皮が短ければ生殖器が露出するようになり、長ければ露出は難しくなります。

 

仮性包茎の場合は多少長い程度であるため、自分でむくなどすれば簡単に

露出させられます。

 

真性包茎はあまりに長いため、生殖器の大きさでは対応できず、

また包皮口も大きくならないため、むこうとしても痛みが伴います。

 

また、包皮が伸びにくいなどの体質的な問題もあるだけでなく、

思春期の時に包皮をむくなどの行為をしてこなかったという側面も

真性包茎と大きく関係しています。

 

幼少期のトラウマで思いっきりむこうとして激痛が伴い、血が出てきたことを

避けようとしてきたというケースもあります。

 

真性包茎を避けるためには思春期の時期からこうしたトレーニングを

していくことが求められます。

 

友達によってはこうしたことに関心を示す人も存在し、その友達が盛んに

聞いてくることもあり、そこで皮をむくことに関心を持つことも考えられます。

 

家族ではこうした会話はなかなかしにくいですが、さりげなく父親が

そうした話をするなど、大人になってからのリスクを避けるために

すべきことをしていくことが大切です。