男性の悩みの中で多くあるのが、包茎であることについてです。

 

日本では、およそ7割りの男性が包茎であると言われていますが、

実際に温泉や銭湯など他人の裸を見る機会があっても、

そんなに包茎の人を見かけることはありません。

 

包茎であると、恥ずかしいという感覚があります。

 

そのため、人前で裸になることに抵抗を感じるのです。

 

すると、友人から温泉に誘われても行きづらく、女性と性行為の

場面になっても躊躇してしまいます。

 

このような悩みが深刻である場合は、さまざまな楽しみやチャンスを

逃していき、明るく前向きになることもできなくなってしまう場合があります。

 

そのような状態であれば、精神衛生上でも良くないため、

治療を考えた方が良いでしょう。

 

特に自分で皮を剥くことができない真性包茎の場合は、包皮の中を

洗うことができないため強い臭いを生じたり、垢がたまって病気のもとに

なったり、健康上にも被害をもたらしてしまうことがあることから、早めの治療を考えるべきです。

 

治療法に関しては、仮性包茎の場合軽度であれば切らずに矯正することで

治る場合もありますが、ほとんどの場合が余っている包皮を

切除する包茎手術となります。

 

特に真性包茎の場合は、包皮の内側と亀頭部分が癒着してしまっている場合も

ありますので、器具を使用しないオールハンドの手術が必要となります。

 

そのため、性感帯などを傷つけられないように、技術力に優れた医師に

手術をしてもらった方が安全です。

 

手術に関しては、病院や男性の悩み専門のクリニックで行うことができますが、

病院では治療することが最大の目的となるため、傷跡が目立つように

残ってしまうことがあります。

 

クリニックの方が、美容的な観点からもきれいな縫合を行い、

仕上がりの美しさを実現できることが多いので、実勢のある

信頼できるところで治療をした方が良いでしょう。