包茎で悩んでいる男性は結構いますよね。

 

何故かと言われれば当然恥ずかしいからかもしれません。

 
友人と銭湯に行っても恥ずかしくて下半身からタオルが外せない事や

長時間のズボンの中で蒸れた後の性器の臭いが辛い。

 

等様々ありますが仮性包茎なら、まだ自分で皮を剥いて

清潔にする事が出来ますし、勃起時においても皮を剥く事が

可能なので恥ずかしい事もあります。

 

しかし、そこまで深刻ではありませんが真性包茎の場合には

そうはいきません。

 

真性包茎は普通の状態だけでなく勃起状態でも

皮を剥く事ができませんし、痛みを伴う事もあります。

 

何故痛みまで伴うのかというと、亀頭が出る部分の口が

非常に狭い事や特に亀頭と皮が癒着を起こしている為に

痛みまで伴います。

 
真性包茎は皮によって亀頭の成長が邪魔されてしまい、

いわゆる先細りの性器になってしまいます。

 

またそれだけでなく、真性包茎は剥く事が出来ない為に

洗う事が出来ない為に不衛生になり悪臭を放つ場合もありますし、

性病や陰茎癌を発症する可能性まで出て来てしまいます。

 

また性病になりやすいという事はパートナーにもリスクがありますし、

先端の出口が極端に狭い為に子供を作ろうとした時に子宮にまで

精子が届かない恐れがあり不妊の原因にもなります。

 

以上の点を踏まえた上で真性包茎は保険に

適用されるかといえばされます。

 

ここまできてしまうと最早、個人の悩みではなく、病気として認定されます。

 

また、今では性器増大や包茎治療等の機関もありますが、

そういった所だと保険適用されずに数十万円もかかってしまったり、

悪徳業者もいたりしますのであまり得策とはいえません。

 

以上の点から泌尿器科等の医療機関に行けば

保険も適用されて費用の節約にもなり悩みも解消されます。